日本語ラップ界のレジェンド達が日比谷野外音楽堂に集まった!さんピンCAMPとは?出演アーティスト紹介。

あなたは日本語ラップ界で伝説として語り継がれているイベント「さんピンCAMP」はご存知ですか?
今では日本語ラップのレジェンドと呼ばれているアーティスト達が1996年7月7日に日比谷野外音楽堂に集まり、日本で初めてとなる大規模なヒップホップイベントを開催しました。
今回は「さんピンCAMP」の出演アーティストの紹介とアーティストごとのおすすめ曲の紹介をしていきたいと思います。

目次

さんピンCAMPとは

1996年7月7日ラッパーECDの呼びかけにより日比谷野外音楽堂で行われたヒップホップイベントです。

当時、世の中で流行っていたポップなヒップホップであるスチャダラパー」、「EAST END×YURI」、「m.c.A・T(エムシーエーティー)」などによって生まれた偏見を打ち砕くべく開かれました。

ヒップホップシーンにどっぷり浸かったラッパー達による魂の叫びが日比谷野外音楽堂から全国へ響き渡る事となり、数多くのヒップホップヘッズを生み出すことになりました。

当時の様子が映像として残っていますのでご覧ください。


さんピン camp [DVD]

さんピンCAMP出演アーティスト

  1. ECD(イーシーディー)
  2. LAMP EYE(ランプ・アイ)
  3. 大神(オオカミ)
  4. BUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)
  5. SHAKKAZOMBIE(シャカゾンビ)
  6. RHYMESTER(ライムスター)
  7. BOY-KEN(ボーイ・ケン)
  8. キングギドラ
  9. SOUL SCREAM(ソウル・スクリーム)
  10. UZI(ウヂ)
  11. MURO(ムロ)
  12. YOU THE ROCK★(ユー・ザ・ロック)
  13. GORE-TEX(ゴア・テックス)
  14. G.K.MARYAN(ジー・ケー・マーヤン)
  15. MACKA-CHIN(マッカ・チン)
  16. T.A.K THE RHYMEHEAD(タク・ザ・ライムヘッド)
  17. MC JOE(エムシー・ジョー)
  18. 四街道ネイチャー(ヨツカイドウネイチャー)
  19. TOKONA-X(トコナ・エックス)
  20. HAC(ハック)
  21. DJ KENSEI(ディージェー・ケンセイ)
  22. DJ KEN-BO(ディージェー・ケンボー)
  23. DJ YUZE(ディージェー・ユゼ)
  24. DJ WATARAI(ディージェー・ワタライ)
  25. DJ PAT→504(ディージェー・パト504)
  26. 刃頭(ハズ)

ECD(イーシーディー)

さんピンCAMPの主催者です。

社会派ラッパーとしてデモなどにも参加し社会運動に力を入れていました。

2018年1月24日に進行性の癌により57歳で亡くなっています。


LAMP EYE(ランプ・アイ)

RINO(リノ)、ヨシピィ・ダ・ガマ、 DJ YAS(ディージェー・ヤス)のユニットで伝説のクラシックとなる「証言」を作り上げた。

この三人とYOU THE ROCK☆、G.K.MARYANDJ PAT→504、さんピンCAMPには海外に行っていて参加していないTWIGYとのユニット「雷家族(KAMINARI-KAZOKU.)」を結成しました。


大神(オオカミ)

BUDDHA BRANDSHAKKAZOMBIEのユニットです。

日本語ラップのクラシック「大怪我」のシングル一枚だけで活動を辞めてしまいましたが「大怪我」は歴史に残り続ける名曲になりました。

さんピンCAMPのDVDでライブ映像を見る事が出来ます。


さんピン camp [DVD]

BUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)

DEV LARGE(デヴ・ラージ 、CQ(シーキュー) 、NIPPS (ニップス)、DJ MASTERKEY(ディージェー・マスターキー) の四人グループ。

ILLの伝道者としてアメリカから日本へ逆輸入的にヒップホップを広めていったレジェンドの一角です。


病める無限のブッダの世界 ― BEST OF THE BEST (金字塔)

SHAKKAZOMBIE(シャカゾンビ)

Osumi(Big-O)(オオスミ)、HIDE-BOWIE(IGNITION MAN)(ヒデ・ボウイ)、TSUTCHIE(ツッチー)の三人グループです。

ファッション業界でも活躍するヒップホップグループで、ロックバンドとも交流がありプロップスを集めていました。


RHYMESTER(ライムスター)

宇多丸 (ウタマル)、Mummy-D (マミー・ディー)、 DJ JIN (ディージェー・ジン)の三人グループ。

ラジオパーソナリティーや俳優など多方面で活躍しています。

名曲が非常に多くどれを聴いても満足ができます。


BOY-KEN(ボーイ・ケン)

元々はラッパーでしたが、レゲエDeejayに転向しました。

特徴的なダミ声を武器にヒップホップとレゲエの壁を破ったアーティストです。


キングギドラ

Zeebra(ジブラ)、K DUB SHINE(ケー・ダブ・シャイン)、DJ Oasis(ディージェー・オアシス)の三人グループ。

日本ラップ界に大きな影響を与えるグループで解散、再結成を繰り返しています。


SOUL SCREAM(ソウル・スクリーム)

HAB I SCREAM (ハヴ・アイ・スクリーム)、E.G.G.MAN (イジジマン)、DJ CELORY(ディージェー・セロリ)の三人グループ。

元祖文学系ヒップホップと呼ばれるほど深い意味を持つリリックがカッコイイ!

長く活動していませんでしたが2020年の6月に18年ぶりとなる新曲をリリースしました。


UZI(ウヂ)

格闘技のリングアナやウイニングイレブンのプロゲーマーとしても活躍。

フリースタイルダンジョンの司会をしていた時に事件を起こし逮捕されたがすっかり反省して活動を再開しています。


MURO(ムロ)

TWIGY(ツイギー)「MICROPHONE PAGER」として活動。

ここ最近はラッパーとしてよりDJとしての活動が盛んで渋い選曲でMIX CDを数多く発表しています。


YOU THE ROCK★(ユー・ザ・ロック)

雷家族のメンバーとしてもソロとしても90年代のヒップホップシーンを牽引していたラッパー。

長らくソロでの作品を発表していなかったが2021年5月にTHA BLUE HERBのプロデュースで作り上げた11年ぶりのフルアルバムを発表しました。


GORE-TEX(ゴア・テックス)

2000年代に不動の人気を誇ったNITRO MICROPHONE UNDERGROUND(ニトロ・マイクロフォン・アンダーグラウンド)の一員として活躍。

ソロでの活動は少ないが客演としては様々なアーティストの楽曲に参加しています。


G.K.MARYAN(ジー・ケー・マーヤン)

雷家族のメンバーとして活躍。

味のあるラップが武器でソロとしての活動も盛んです。

様々なアーティストの楽曲に客演として参加しています。


MACKA-CHIN(マッカ・チン)

NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーとして活躍。

DJ、トラックメーカー、音楽プロデューサーとしても多彩な才能を発揮しています。

枠にとらわれない音楽性は類を見ない。


T.A.K THE RHYMEHEAD(タク・ザ・ライムヘッド)

Zeebraを中心として結成されたクルー「UBG(アー・バリアン・ジム)」のメンバー。

落ち着いたテンションのラップで心地よく聴けます。


MC JOE(エムシー・ジョー)

80年代から活動しているラッパーです。

作品は少ないですが日本語ヒップホップ黎明期を支えた一人。


四街道ネイチャー(ヨツカイドウネイチャー)

北&澤(KZA)、マイクアキラ、DJ KENTの三人グループ。

1998年にグループの活動を停止しソロでの活動をしています。


TOKONA-X(トコナ・エックス)

名古屋が生んだ怪物として伝説になり語り継がれる。

2004年11月22日に亡くなっているが日本史上最強のラッパーと呼ぶ人も多い。


HAC(ハック)

さんピンCAMPに出演した唯一の女性ラッパー。

「SPECIAL TREASURE」という曲で癖になるサビとラップでインパクト大です。

聴きたい人はこちらのCDをどうぞ↓


さんぴんCAMP

DJ KENSEI(ディージェー・ケンセイ)

日本のトップDJの1人。

トラックメーカーとしても優れていてかっこいいトラックを沢山作っています。


DJ KEN-BO(ディージェー・ケンボー)

キングギドラのライブDJとして活躍。

「BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」のDJとして第1回から参加している。


DJ YUZE(ディージェー・ユゼ)

スクラッチDJとして数々のDJバトルで見事な成績を残しています。

RINOやBOY-KENのライブDJとしても活躍し、海外のアーティストとの交流も多くワールドワイドな活動をしています。


DJ WATARAI(ディージェー・ワタライ)

DJ、音楽プロデューサーとして有名アーティストの楽曲のリミックスやプロデュースを行っている。

日本を代表するトップDJの1人であり名プロデューサーです。


DJ PAR→504(ディージェー・パト504)

雷家族のDJとして活動。

「ザ・アカイメジェットコースター」を発表していますが名作です。


刃頭(ハズ)

TOKONA-Xとのユニット「ILLMARIACH」でDJとして活動。

その他にも数々のアーティストのプロデュース、トラックメイクを手掛けています。


「さんピンCAMP」からすべての伝説が始まり現在まで魂が受け継がれています。

この「さんピンCAMP」から20年経った2016年7月10日には「さんピンCAMP20」というイベントも開かれています。

このイベントには「さんピンCAMP」に影響を受けた「1978年式ラッパー」が多数参加しています。

今後もこの「さんピンCAMP」は礎として日本のヒップホップシーンを支えていく事でしょう。

サウンドハウス
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる